‘sys’ AND index_id > 0 ORDER BY 1. 最近では、24時間運用などによりメンテナンス時間やバッチ時間を確保できないなど、パーティション表を使用してもメンテナンスが難しくなっていると思います。そのため、できるだけ短時間でメンテナンスする必要がありますが、サイズが大きいパーティションや複数のパーティションをメンテナンスするような場合などは長時間になってしまい、その間パーティションにアクセスできません(または読込み専用になります)。そこで、メンテナンスを効果的に行うために、Oracle12cから以下の機能が追加になっているので説明します。, (1)オンラインでのパーティション移動 OPEN IXC. FETCH NEXT FROM IXC INTO @TableName, @IndexName. の目安値はあくまでも目安であり、すべてのシステムに画一的に適用できるとは限らず、個々のシステムによって調整する必要があります。, インデックスの再構築 (rebuild) と再構成 (reorganize) の違い, キャンセルした時点までの処理は有効。(キャンセル時点で処理が完了した部分については断片化が解消した状態が維持される。), 再構築の OFFLINE と ONLINE、MAXDOP = 1 と MAXDOP > 1 の動作の違いについては、. US サポートチームの Blog が参考になります。, Microsoft Japan BI Data Platform(SQL) Support Team, 当然断片化していないインデックスに対して再構築や再構成を行うことは無駄ですので、再構築や再構成を行う前に、断片化率を確認する必要はあるでしょう。しかし、再構築と再構成では、実行中のインデックスの使用可否や実行後のインデックスの状態が異なります。現在の, 断片化率だけで再構築と再構成のどちらを行うかを判断するよりも、再構築と再構成の違いを理解した上で判断した方がよいのではないでしょうか?, に記載したとおり、avg_fragmentation_in_percent インデックスの再作成 インデックスを再作成する(基本) 一般的には、データの更新回数が多いテーブルでは、インデックスの定期的な再構築が必要とされています。 これは、度重なる更新によりインデックスが断片化してしまうためです。 メンテナンスを考慮した時系列のパーティションにしている場合には、複数のパーティションを同時にメンテナンスするようなことは、サブ・パーティションをメンテナンスする以外はあまりないと思います(あるパーティションのすべてのサブ・パーティションをメンテナンスするような場合には、パーティション単位に行うことができるので問題にはなりません)。ただし、時系列のパーティション以外では、バッチ処理などで複数のパーティションのデータを再作成する場合などがありますが、一つのパーティションしか行うことができないので、効果的ではありませんでした。また、ALTER TABLE文を同時に実行することもできません(詳細は「パーティションのメンテナンスについて」を参照してください)。そのため、Oracle12cから以下の操作に対して、複数パーティションを同時にメンテナンスすることが可能になっています(赤字が拡張されたところです)。特に、TRUNCATE PARTITIONとDROP PARTITIONは、ミニ・チェックポイントが発生するので、これを使用する効果が大きいです。, その他の操作(COALESCE、MOVE、EXCHANGE)には指定できませんが、MOVE PARTITIONはオンライン処理が可能、EXCHANGE PARTITIONはメタデータだけの変更になるので、COALESCE PARTITION以外は問題ないと思います(COALESCE PARTITIONは、ハッシュ・パーティションからパーティション数を1つ削減する操作になるので、使用する機会はあまり多くないと思います)。索引のメンテナンスは、単一パーティションの操作と同じ動作になるので、同じような注意が必要です。, パーティションのメンテナンスについて 小さいサイズのパーティションでは、UNUSABLEにしない方が効果的ですが、データを削除する操作(DROP、TRUNCATE)以外にはできません。そのため、Oracle9iからパーティション操作でグローバル索引をUNUSABLEにしないように、グローバル索引の自動更新が追加されています。以下のようにALTER TABLE文にUPDATE GLOBAL INDEXES句を指定することで、パーティション・メンテナンス時にグローバル索引もメンテナンスします。, これは、パーティション・メンテナンス後に索引を再構築する必要がなくなり、索引の更新中でも影響を受けないパーティションに索引アクセスできますが、パーティションのメンテナンス時間は増えてしまいます。そのため、この時間は、索引の自動更新を行わずにメンテナンスして、すべての索引を再構築した場合の時間と比較する必要があります。一般的には、パーティションのサイズがテーブルのサイズの5%未満であれば、索引の自動更新を行った方が処理時間は短くなります。ただし、索引の再構築には、索引の利用効率が向上するという効果があるので、このようなことも含めて検討する必要があります。 それから、索引付けプロパティの変更は、ALTER TABLE文のMODIFY PARTITIONを使用することで可能です。以下の例は、パーティション'p99'の索引付けプロパティを'OFF'から'ON'に変更しています。このとき索引も更新されるので、再構築する必要はありません(ローカル索引とグローバル索引のどちらも対象パーティションだけが更新されます)。, 索引付けプロパティを'OFF'にする場合には、ローカル索引はUNUSABLEになりますが、グローバル索引は非同期メンテナンスが動作するので、メタデータだけが更新されます(以下のように列'ORPHANED_ENTRIES'が'YES'になります)。そのため、グローバル索引を使用しても問題ないようになっています。, これによって、グローバル索引でもパーティションごとに索引が使用できるので、よりグローバル索引が利用しやすくなっています。例えば、バッチ処理で大量に更新されるパーティションは、グローバル索引も含めて索引を使用しないことで、索引をメンテナンスしないようにできます。また、ローカル索引が影響しない操作(EXCHANGE PARTITIONなど)は、索引作成時にローカル索引はINDEXING FULL、グローバル索引はINDEXING PARTIALにするような使い方も可能です。, 2. - CYBER SECURITY)による"Prevent a weak cloud security posture with Maximum PARTITION p03 VALUES LESS THAN (300), PARTITION p01 VALUES LESS THAN (100), alter index rebuild [partition](クリーンアップではなく再構築を行う) alter index [partition] coalesce cleanup(親がない索引ブロックをクリーンアップする) ただし、alter index文(2番目と3番目)は、クリーンアップが必要な索引を調べる必要があります。 インデックスの再構築 (alter index rebuild) と再構成 (alter index reorganize) のどちらを行うかを決定する際の目安として、sys.dm_db_index_physical_stats の avg_fragmentation_in_percent の値を用いる方法があります。 SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿, SQL Server のインデックスの再構築を定期的に実行する方法としてメンテナンスプランを使用てインデックスメンテナンスをする方法があります。, メンテナンスプランでは細かい制御ができない (と思っているのですが) 状況によっては T-SQL で対応する必要が出てきます。, 今回の投稿では、データベース内の全ユーザーテーブルに対してインデックスの再構築をする SQL をまとめてみたいと思います。, USE [TEST] GO DECLARE @TableName sysname, @IndexName sysname DECLARE @basesql nvarchar(max), @sql nvarchar(max) DECLARE @Edition nvarchar(max), SET @Edition = CONVERT(nvarchar, SERVERPROPERTY(‘Edition’)), SET @basesql = ‘ALTER INDEX @1 On @2 REBUILD @3’, IF PATINDEX(‘%Enterprise%’, @Edition) > 0 BEGIN     SET @basesql = REPLACE(@basesql, ‘@3’, ‘WITH (ONLINE=ON)’) END ELSE     SET @basesql = REPLACE(@basesql, ‘@3’, ”), DECLARE IXC CURSOR FOR SELECT     OBJECT_NAME(object_id) AS TableName     , name AS IndexName FROM     sys.indexes WHERE     OBJECT_SCHEMA_NAME (object_id) <> ‘sys’     AND     index_id > 0 ORDER BY 1, FETCH NEXT FROM IXC INTO @TableName, @IndexName, WHILE @@FETCH_STATUS = 0 BEGIN     PRINT @TableName + ‘:’ + @IndexName, SET @sql = REPLACE(@basesql, ‘@1’, @IndexName)     SET @sql = REPLACE(@sql, ‘@2’, @TableName)         EXECUTE (@sql), FETCH NEXT FROM IXC     INTO @TableName, @IndexName    END, SQL Server ではエディションによって、使用できる機能に差がありますので、エディションを判断してオプションを書き換えるようにしています。 # Standard Edition での動作確認ができていないのですが…。, T-SQL で動的な文字列を生成してインデックスの再構築を行っていますので、柔軟に設定を変更することが可能です。, この手の保守用のスクリプトは一度作成すると使いまわしができますのでいろいろとストックしておくと便利ですね。, SQL Server の技術支援、現状調査、チューニング等をメインにしていますが、本ブログで情報発信している内容に関することでしたら対応できます。お仕事のご相談がありましたら, 2011年7月にMicrosoft MVP for SQL Server を受賞させていただきました。, Microsoft MVP for Data Platform (July 2011 – June 2021), 本ブログの内容は個人的に検証したものとなり、検証結果を含め記載している内容を保証するものではありません。 神谷 雅紀 Escalation Engineer. Oracle University の無償オンラインセミナーに参加しませんか。11月は限定で ORACLE MASTER 今年最初の内容は、第22回の続きとしてパーティションについて説明します。パーティションは、大規模なテーブルの性能向上に有効な機能ですが、グローバル索引の使用やメンテナンスに難しい部分もあり、バッチ処理などの性能が問題になる場合があります。そこで、これまで説明していなかったグローバル索引やパーティションのメンテナンスについて、Oracle Database 12c(Oracle12c)の新機能を含めて説明しますので、参考にしてください。, まずは、グローバル索引について説明しましょう。 Oracle University 無償オンラインセミナー(11月) パーティション・メンテナンスのOracle Database 12cの新機能, 次に、パーティションのメンテナンスでOracle12cから拡張された便利な機能について説明しましょう。 ほうれん草 色素 クロマトグラフィー 考察 30, 幼稚園 夏休み 連絡 帳 28, Sp 再放送 2020 岡田 22, Nszn Z68t 後 席 モニター 15, Youtube 画面録画 できない 12, すき家 従食 うなぎ 5, ディズニーランド 行きたい コロナ 4, 日本嫌い 2ch まとめ 16, Boss 4話 Pandora 8, " /> ‘sys’ AND index_id > 0 ORDER BY 1. 最近では、24時間運用などによりメンテナンス時間やバッチ時間を確保できないなど、パーティション表を使用してもメンテナンスが難しくなっていると思います。そのため、できるだけ短時間でメンテナンスする必要がありますが、サイズが大きいパーティションや複数のパーティションをメンテナンスするような場合などは長時間になってしまい、その間パーティションにアクセスできません(または読込み専用になります)。そこで、メンテナンスを効果的に行うために、Oracle12cから以下の機能が追加になっているので説明します。, (1)オンラインでのパーティション移動 OPEN IXC. FETCH NEXT FROM IXC INTO @TableName, @IndexName. の目安値はあくまでも目安であり、すべてのシステムに画一的に適用できるとは限らず、個々のシステムによって調整する必要があります。, インデックスの再構築 (rebuild) と再構成 (reorganize) の違い, キャンセルした時点までの処理は有効。(キャンセル時点で処理が完了した部分については断片化が解消した状態が維持される。), 再構築の OFFLINE と ONLINE、MAXDOP = 1 と MAXDOP > 1 の動作の違いについては、. US サポートチームの Blog が参考になります。, Microsoft Japan BI Data Platform(SQL) Support Team, 当然断片化していないインデックスに対して再構築や再構成を行うことは無駄ですので、再構築や再構成を行う前に、断片化率を確認する必要はあるでしょう。しかし、再構築と再構成では、実行中のインデックスの使用可否や実行後のインデックスの状態が異なります。現在の, 断片化率だけで再構築と再構成のどちらを行うかを判断するよりも、再構築と再構成の違いを理解した上で判断した方がよいのではないでしょうか?, に記載したとおり、avg_fragmentation_in_percent インデックスの再作成 インデックスを再作成する(基本) 一般的には、データの更新回数が多いテーブルでは、インデックスの定期的な再構築が必要とされています。 これは、度重なる更新によりインデックスが断片化してしまうためです。 メンテナンスを考慮した時系列のパーティションにしている場合には、複数のパーティションを同時にメンテナンスするようなことは、サブ・パーティションをメンテナンスする以外はあまりないと思います(あるパーティションのすべてのサブ・パーティションをメンテナンスするような場合には、パーティション単位に行うことができるので問題にはなりません)。ただし、時系列のパーティション以外では、バッチ処理などで複数のパーティションのデータを再作成する場合などがありますが、一つのパーティションしか行うことができないので、効果的ではありませんでした。また、ALTER TABLE文を同時に実行することもできません(詳細は「パーティションのメンテナンスについて」を参照してください)。そのため、Oracle12cから以下の操作に対して、複数パーティションを同時にメンテナンスすることが可能になっています(赤字が拡張されたところです)。特に、TRUNCATE PARTITIONとDROP PARTITIONは、ミニ・チェックポイントが発生するので、これを使用する効果が大きいです。, その他の操作(COALESCE、MOVE、EXCHANGE)には指定できませんが、MOVE PARTITIONはオンライン処理が可能、EXCHANGE PARTITIONはメタデータだけの変更になるので、COALESCE PARTITION以外は問題ないと思います(COALESCE PARTITIONは、ハッシュ・パーティションからパーティション数を1つ削減する操作になるので、使用する機会はあまり多くないと思います)。索引のメンテナンスは、単一パーティションの操作と同じ動作になるので、同じような注意が必要です。, パーティションのメンテナンスについて 小さいサイズのパーティションでは、UNUSABLEにしない方が効果的ですが、データを削除する操作(DROP、TRUNCATE)以外にはできません。そのため、Oracle9iからパーティション操作でグローバル索引をUNUSABLEにしないように、グローバル索引の自動更新が追加されています。以下のようにALTER TABLE文にUPDATE GLOBAL INDEXES句を指定することで、パーティション・メンテナンス時にグローバル索引もメンテナンスします。, これは、パーティション・メンテナンス後に索引を再構築する必要がなくなり、索引の更新中でも影響を受けないパーティションに索引アクセスできますが、パーティションのメンテナンス時間は増えてしまいます。そのため、この時間は、索引の自動更新を行わずにメンテナンスして、すべての索引を再構築した場合の時間と比較する必要があります。一般的には、パーティションのサイズがテーブルのサイズの5%未満であれば、索引の自動更新を行った方が処理時間は短くなります。ただし、索引の再構築には、索引の利用効率が向上するという効果があるので、このようなことも含めて検討する必要があります。 それから、索引付けプロパティの変更は、ALTER TABLE文のMODIFY PARTITIONを使用することで可能です。以下の例は、パーティション'p99'の索引付けプロパティを'OFF'から'ON'に変更しています。このとき索引も更新されるので、再構築する必要はありません(ローカル索引とグローバル索引のどちらも対象パーティションだけが更新されます)。, 索引付けプロパティを'OFF'にする場合には、ローカル索引はUNUSABLEになりますが、グローバル索引は非同期メンテナンスが動作するので、メタデータだけが更新されます(以下のように列'ORPHANED_ENTRIES'が'YES'になります)。そのため、グローバル索引を使用しても問題ないようになっています。, これによって、グローバル索引でもパーティションごとに索引が使用できるので、よりグローバル索引が利用しやすくなっています。例えば、バッチ処理で大量に更新されるパーティションは、グローバル索引も含めて索引を使用しないことで、索引をメンテナンスしないようにできます。また、ローカル索引が影響しない操作(EXCHANGE PARTITIONなど)は、索引作成時にローカル索引はINDEXING FULL、グローバル索引はINDEXING PARTIALにするような使い方も可能です。, 2. - CYBER SECURITY)による"Prevent a weak cloud security posture with Maximum PARTITION p03 VALUES LESS THAN (300), PARTITION p01 VALUES LESS THAN (100), alter index rebuild [partition](クリーンアップではなく再構築を行う) alter index [partition] coalesce cleanup(親がない索引ブロックをクリーンアップする) ただし、alter index文(2番目と3番目)は、クリーンアップが必要な索引を調べる必要があります。 インデックスの再構築 (alter index rebuild) と再構成 (alter index reorganize) のどちらを行うかを決定する際の目安として、sys.dm_db_index_physical_stats の avg_fragmentation_in_percent の値を用いる方法があります。 SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿, SQL Server のインデックスの再構築を定期的に実行する方法としてメンテナンスプランを使用てインデックスメンテナンスをする方法があります。, メンテナンスプランでは細かい制御ができない (と思っているのですが) 状況によっては T-SQL で対応する必要が出てきます。, 今回の投稿では、データベース内の全ユーザーテーブルに対してインデックスの再構築をする SQL をまとめてみたいと思います。, USE [TEST] GO DECLARE @TableName sysname, @IndexName sysname DECLARE @basesql nvarchar(max), @sql nvarchar(max) DECLARE @Edition nvarchar(max), SET @Edition = CONVERT(nvarchar, SERVERPROPERTY(‘Edition’)), SET @basesql = ‘ALTER INDEX @1 On @2 REBUILD @3’, IF PATINDEX(‘%Enterprise%’, @Edition) > 0 BEGIN     SET @basesql = REPLACE(@basesql, ‘@3’, ‘WITH (ONLINE=ON)’) END ELSE     SET @basesql = REPLACE(@basesql, ‘@3’, ”), DECLARE IXC CURSOR FOR SELECT     OBJECT_NAME(object_id) AS TableName     , name AS IndexName FROM     sys.indexes WHERE     OBJECT_SCHEMA_NAME (object_id) <> ‘sys’     AND     index_id > 0 ORDER BY 1, FETCH NEXT FROM IXC INTO @TableName, @IndexName, WHILE @@FETCH_STATUS = 0 BEGIN     PRINT @TableName + ‘:’ + @IndexName, SET @sql = REPLACE(@basesql, ‘@1’, @IndexName)     SET @sql = REPLACE(@sql, ‘@2’, @TableName)         EXECUTE (@sql), FETCH NEXT FROM IXC     INTO @TableName, @IndexName    END, SQL Server ではエディションによって、使用できる機能に差がありますので、エディションを判断してオプションを書き換えるようにしています。 # Standard Edition での動作確認ができていないのですが…。, T-SQL で動的な文字列を生成してインデックスの再構築を行っていますので、柔軟に設定を変更することが可能です。, この手の保守用のスクリプトは一度作成すると使いまわしができますのでいろいろとストックしておくと便利ですね。, SQL Server の技術支援、現状調査、チューニング等をメインにしていますが、本ブログで情報発信している内容に関することでしたら対応できます。お仕事のご相談がありましたら, 2011年7月にMicrosoft MVP for SQL Server を受賞させていただきました。, Microsoft MVP for Data Platform (July 2011 – June 2021), 本ブログの内容は個人的に検証したものとなり、検証結果を含め記載している内容を保証するものではありません。 神谷 雅紀 Escalation Engineer. Oracle University の無償オンラインセミナーに参加しませんか。11月は限定で ORACLE MASTER 今年最初の内容は、第22回の続きとしてパーティションについて説明します。パーティションは、大規模なテーブルの性能向上に有効な機能ですが、グローバル索引の使用やメンテナンスに難しい部分もあり、バッチ処理などの性能が問題になる場合があります。そこで、これまで説明していなかったグローバル索引やパーティションのメンテナンスについて、Oracle Database 12c(Oracle12c)の新機能を含めて説明しますので、参考にしてください。, まずは、グローバル索引について説明しましょう。 Oracle University 無償オンラインセミナー(11月) パーティション・メンテナンスのOracle Database 12cの新機能, 次に、パーティションのメンテナンスでOracle12cから拡張された便利な機能について説明しましょう。 ほうれん草 色素 クロマトグラフィー 考察 30, 幼稚園 夏休み 連絡 帳 28, Sp 再放送 2020 岡田 22, Nszn Z68t 後 席 モニター 15, Youtube 画面録画 できない 12, すき家 従食 うなぎ 5, ディズニーランド 行きたい コロナ 4, 日本嫌い 2ch まとめ 16, Boss 4話 Pandora 8, " />
  • Sunday , 15 November 2020

index 再構築 oracle 5

また、本ブログの内容は所属する会社の正式な回答 / 見解ではありません。, The Journalist template by Lucian E. Marin — Built for WordPress, Windows 8 Enterprise Edition への Media Center Pack の追加について, Synapse Analytics の Serverless SQL pool の分散クエリ処理エンジンについて, Azure Arc enabled SQL Server による Azure 外の SQL Server の Azure への拡張, 2020/10 の SQL Server / SQL Database 関連の更新情報, Synapse Analytics の SQL on-demand の DB を跨いだクエリの実行について, Synapse Analytics の SQL on-demand の共有メタデータ テーブルの照合順序について. PARTITION p03 VALUES LESS THAN (300). の目安値はあくまでも目安であり、すべてのシステムに画一的に適用できるとは限らず、個々のシステムによって調整する必要があります。, インデックスの再構築と再構成の最も大きな違いは、再構築がひとつのトランザクションでインデックスを完全に再作成するのに対して、再構成は処理単位ごと (処理単位はページ) にトランザクションが分割されていて、リーフページ間でインデックス行を移動させることで行を前に詰めて断片化を解消しているという点です。, 再構築はひとつのトランザクションですので、キャンセルすれば当然そのトランザクションはロールバックされ、トランザクション開始前の状態、つまり、断片化した状態に戻されます。一方、再構成はトランザクションが分割されているため、キャンセルしても、既に完了しているトランザクションの結果は維持されます。, 再構築はインデックスを作り直しますので、インデックス行数 (テーブルの行数) が増えない限り、大きく処理時間が変わることはありません。一方、再構成の場合は、前のページに空きがある場合に後ろのページから前のページへ行を移動するという処理であるため、移動する行が多い、つまり、断片化の度合が大きいほど処理時間が長くなります。, 再構築の場合、再作成中も元のインデックスを削除することはできませんので、一時的には、断片化した古いインデックスと再作成した新しいインデックスがふたつ存在する状況となり、それらを格納するための容量がデータファイルに必要になります。さらに既定ではソート用の領域も必要になります。一方、再構成の場合は、ページ間で行を移動するだけなので、そのような追加の領域は基本的には必要としません。, 生成されるトランザクションログの量についても、再構築の場合はインデックス行数が増えなければトランザクションログ量が大きく増えることはありませんが、再構成の場合は、断片化の度合が大きく、移動する行数が多くなれば、生成されるトランザクションログ量が多くなります。, 実際の運用では、このような違いを考慮して、どちらを実行するのかを決定する必要があるのではないでしょうか。, 例えば、処理に割り当てられる時間が限られていて、処理を途中でキャンセルしなければならない可能性があるのであれば、再構築よりも再編成の方が、キャンセルした場合にもすべてが無駄にならず、毎日時間の許される範囲で実行するという方法を取ることがきます。反対に、再構築に必要となる時間は確保できるので、実行時間にばらつきが出るよりもある程度一定の時間で完了することが優先されるのであれば、再構成よりも再構築の方が有利でしょう。, 尚、インデックスの再構成は、行の移動を行っているページに対して排他ロックを獲得します。これは非常に短い期間のみ保持されるロックであるため、その他の処理が長期間ブロックされることはありません。ただし、その他の処理が獲得しようとするロックによっては、デッドロックとなる可能性はあります。, 再構築の OFFLINE と ONLINE、MAXDOP = 1 と MAXDOP > 1 の動作の違いについては、Books Online と 津島博士のパフォーマンス講座 第78回 Oracle DatabaseのJSONについて, Maximum Security Zonesで、クラウドのセキュリティ対策の弱体化を防ぐ, (2)索引の自動更新(Oracle9iから、Oracle Database 10gで拡張), PL/SQLプロシージャDBMS_PART.CLEANUP_GIDX(必要な索引をすべて行うことも特定のテーブルだけでも可能), ALTER INDEX REBUILD [PARTITION](クリーンアップではなく再構築を行う), ALTER INDEX [PARTITION] COALESCE CLEANUP(親がない索引ブロックをクリーンアップする), CREATE TABLE文のINDEXING句(索引付けプロパティで、デフォルトは'ON'です), CREATE INDEX文のINDEXING PARTIAL(部分索引の指定で、デフォルトは全索引のINDEXING FULLです), SYSが所有するテーブルや索引構成表などには指定できない(索引構成表はALTER TABLE文のMOVE ONLINEで可能), パラレルDMLとダイレクト・パス・インサートは使用できない(表を排他ロックするから), サブ・パーティションを含むパーティションには指定できない(サブ・パーティション単位で指定可能). alter index インデックス名 rebuild online; ※alter table move 操作を行うと表のROWIDが完全に書き換わるのでindexの再構築が必要です。 インデックス名がわからない場合…テーブルに作成されているイン … 皆さん、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。今年の冬は寒さが厳しいですが、素敵な一年になると良いですね。 パーティションの移動は、データの移動や表圧縮などで使用しますが、そのパーティションが読取り専用になってしまうので(パーティションに対して第18回で説明したTMエンキューを排他モードで取得するからです)、誰も変更しないようなときに実行する必要がありました。Oracle12cからは、以下のようにONLINE句を指定することで、読取り専用が解除されます。このときグローバル索引に対しても非同期メンテナンスが動作するので、索引のメンテナンス時間も短縮されます(以下のように列'ORPHANED_ENTRIES'が'YES'になります)。, これも索引メンテナンスをしていませんが、以下のように移動したパーティションも索引アクセスすることが可能です(非同期メンテナンスと同じように、TBL$OR$IDX$PART$NUMファンクションを使用します)。, ONLINE句を指定しない場合には、グローバル索引のメンテナンスは今まで通りの動作になります(これも非同期で行っても良い気がしますが、ONLINE句を使用してくださいということでしょう)。それから、この機能には、以下のような制限があるので注意してください。, (2)複数パーティションのメンテナンス Gold DBA のセミナー、Oracle Certified... 津島博士のパフォーマンス講座 Indexページ ▶▶ PARTITION p02 VALUES LESS THAN (200), 皆さんこんにちは、今年は10月から気温が低いので、日々の急激な寒暖差に身体がついていけませんね。今回は、Oracle... ※本記事は、Paul Toal (DISTINGUISHED SOLUTION ENGINEER 索引を効果的に使用するには、不要なパーティションなどに索引を使用しないことで、索引のメンテナンス・コストを削減することです。ただし、グローバル索引は、ローカル索引のように、対象パーティションの索引をUNUSABLEにすることができません。そのため、Oracle12cから表パーティションごとに索引を作成できるように、CREATE TABLE文とCREATE INDEX文を以下のように拡張しています(ただし、一意索引は、部分索引にすることができません)。, 以下は、パーティション'p99'に対して、索引付けプロパティを'OFF'(索引を作成しない)にして、グローバル非パーティション索引(パーティション表に対する通常の索引)を部分索引として作成している例です。これで索引付けプロパティが'ON'のパーティション(p01、p02、p03)だけ索引が作成されます。, この指定の確認は、以下のようにビュー(USER_TAB_PARTITIONSやUSER_INDEXESなど)で行うことができます。, これを使用することで、第34回で説明した表拡張をグローバル索引でも使用することが可能です。以下のSQLは、パーティション表'tab1'の索引付けプロパティが'ON'と'OFF'のパーティション(p03とp99)にアクセスしています。実行計画では、表拡張によって索引付けプロパティが'ON'のパーティション'p03'だけが、索引アクセスになっています。ただし、グローバル非パーティション索引なので、索引のパーティション・プルーニングは行いません(TBL$OR$IDX$PART$NUMファンクションを使用して、アクセスするパーティションを特定しています)。, ローカル索引では、UNUSABLEを設定するのと同じ動作になるので、どちらを使用しても問題ありませんが、パーティション表に索引の有無を指定できるので、運用性を考えるとこちらの方が良いと言えます。 Security Zones"を翻訳した... TBL$OR$IDX$PART$NUM("TAB1",0,8,0,"TAB1".ROWID)=1, PARTITION p01 VALUES LESS THAN (100), 第10回でパーティション索引のメンテナンスで説明したように、データの削除や索引のメンテナンスなどを効果的に行うために、ローカル索引を使用してパーティションごとにメンテナンスを行いますが、パーティション・プルーニングしないと全パーティションに索引アクセスしてしまいます。そのため、オンライン処理などの処理時間が短いものでは、グローバル索引を作成するような場合もあります。ただし、グローバル索引は、パーティション・メンテナンスによって再構築が必要になるので、索引設計やメンテナンスが難しくなってしまいます。そのため、グローバル索引のメンテナンスには、以下のような拡張が行われているので、どのように使用できるか少しまとめてみました。, (1)索引の再構築 パーティション表は、様々なパーティション操作を行うことができますが、このときグローバル索引はUNUSABLE(索引が使用禁止)になります(グローバル・パーティション索引は、すべてのパーティションがUNUSABLEになります)。そのため、このような操作を行うとグローバル索引の再構築が必要になります。しかし、このときのグローバル索引は、再構築されるまで索引アクセスができないので、テーブルのサイズが大きいと長時間その索引アクセスができなくなります。また、グローバル・パーティション索引は、以下のように1文で再構築することができないので、パーティションが多い場合などは再構築するのも大変になります。, パーティション索引については、以下のようにパーティションごとに再構築する必要があります。, そのため、パーティションのサイズが小さい(テーブルに対するサイズの割合が少ない)ときは、グローバル索引をUNUSABLEにしない方が効果的な場合もあります。DROP PARTITIONやTRUNCATE PARTITIONは、以下のようにデータを削除してから行うことで、UNUSABLEにしないようにできます。, (2)索引の自動更新 Please try again. Windows10でファイル検索できない場合にインデックスを再構築する方法を解説します。Windowsでスタートメニューの検索ボックス・エクスプローラーからファイル検索をする時にはインデックスが利用されます。検索ができない場合はインデックスの再構築を試しましょう。 インデックスの再構築 (alter index rebuild) と再構成 (alter index reorganize) のどちらを行うかを決定する際の目安として、sys.dm_db_index_physical_stats の avg_fragmentation_in_percent の値を用いる方法があります。これはこれで現在の状態を確認するという意味では有効であると思いますが、断片化の解消を目的とし、また、実際の運用を考慮した場合、再構築や再構成前の断片化の状態よりも、再構築や再構成の実行中の状況や実行後のインデックスの状態の方が重要ではないでしょうか?, 当然断片化していないインデックスに対して再構築や再構成を行うことは無駄ですので、再構築や再構成を行う前に、断片化率を確認する必要はあるでしょう。しかし、再構築と再構成では、実行中のインデックスの使用可否や実行後のインデックスの状態が異なります。現在の断片化率だけで再構築と再構成のどちらを行うかを判断するよりも、再構築と再構成の違いを理解した上で判断した方がよいのではないでしょうか?, ※ 再構築と再構成を行う必要があるかどうかについては、断片化についてに記載したとおり、avg_fragmentation_in_percent CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Oracleのテーブルの検索が遅くて困っているときは再構築すると解消されるかもしれません。テーブルを長い期間更新や削除を繰り返すとどうしても重たく遅くなってきますからね。原因としては、Oracle内部行移行がおきたりHWMがあがりっぱなしが 大きいサイズのパーティションでは、索引の自動更新によるメンテナンス時間が長くなってしまいます。また、再構築するとその間は索引アクセスができません。そのため、Oracle12cからデータを削除する操作(DROP、TRUNCATE)については、グローバル索引を非同期にメンテナンス(メタデータのみ更新)することで、メンテナンス時間を短縮しています。 sys.indexes WHERE OBJECT_SCHEMA_NAME (object_id) <> ‘sys’ AND index_id > 0 ORDER BY 1. 最近では、24時間運用などによりメンテナンス時間やバッチ時間を確保できないなど、パーティション表を使用してもメンテナンスが難しくなっていると思います。そのため、できるだけ短時間でメンテナンスする必要がありますが、サイズが大きいパーティションや複数のパーティションをメンテナンスするような場合などは長時間になってしまい、その間パーティションにアクセスできません(または読込み専用になります)。そこで、メンテナンスを効果的に行うために、Oracle12cから以下の機能が追加になっているので説明します。, (1)オンラインでのパーティション移動 OPEN IXC. FETCH NEXT FROM IXC INTO @TableName, @IndexName. の目安値はあくまでも目安であり、すべてのシステムに画一的に適用できるとは限らず、個々のシステムによって調整する必要があります。, インデックスの再構築 (rebuild) と再構成 (reorganize) の違い, キャンセルした時点までの処理は有効。(キャンセル時点で処理が完了した部分については断片化が解消した状態が維持される。), 再構築の OFFLINE と ONLINE、MAXDOP = 1 と MAXDOP > 1 の動作の違いについては、. US サポートチームの Blog が参考になります。, Microsoft Japan BI Data Platform(SQL) Support Team, 当然断片化していないインデックスに対して再構築や再構成を行うことは無駄ですので、再構築や再構成を行う前に、断片化率を確認する必要はあるでしょう。しかし、再構築と再構成では、実行中のインデックスの使用可否や実行後のインデックスの状態が異なります。現在の, 断片化率だけで再構築と再構成のどちらを行うかを判断するよりも、再構築と再構成の違いを理解した上で判断した方がよいのではないでしょうか?, に記載したとおり、avg_fragmentation_in_percent インデックスの再作成 インデックスを再作成する(基本) 一般的には、データの更新回数が多いテーブルでは、インデックスの定期的な再構築が必要とされています。 これは、度重なる更新によりインデックスが断片化してしまうためです。 メンテナンスを考慮した時系列のパーティションにしている場合には、複数のパーティションを同時にメンテナンスするようなことは、サブ・パーティションをメンテナンスする以外はあまりないと思います(あるパーティションのすべてのサブ・パーティションをメンテナンスするような場合には、パーティション単位に行うことができるので問題にはなりません)。ただし、時系列のパーティション以外では、バッチ処理などで複数のパーティションのデータを再作成する場合などがありますが、一つのパーティションしか行うことができないので、効果的ではありませんでした。また、ALTER TABLE文を同時に実行することもできません(詳細は「パーティションのメンテナンスについて」を参照してください)。そのため、Oracle12cから以下の操作に対して、複数パーティションを同時にメンテナンスすることが可能になっています(赤字が拡張されたところです)。特に、TRUNCATE PARTITIONとDROP PARTITIONは、ミニ・チェックポイントが発生するので、これを使用する効果が大きいです。, その他の操作(COALESCE、MOVE、EXCHANGE)には指定できませんが、MOVE PARTITIONはオンライン処理が可能、EXCHANGE PARTITIONはメタデータだけの変更になるので、COALESCE PARTITION以外は問題ないと思います(COALESCE PARTITIONは、ハッシュ・パーティションからパーティション数を1つ削減する操作になるので、使用する機会はあまり多くないと思います)。索引のメンテナンスは、単一パーティションの操作と同じ動作になるので、同じような注意が必要です。, パーティションのメンテナンスについて 小さいサイズのパーティションでは、UNUSABLEにしない方が効果的ですが、データを削除する操作(DROP、TRUNCATE)以外にはできません。そのため、Oracle9iからパーティション操作でグローバル索引をUNUSABLEにしないように、グローバル索引の自動更新が追加されています。以下のようにALTER TABLE文にUPDATE GLOBAL INDEXES句を指定することで、パーティション・メンテナンス時にグローバル索引もメンテナンスします。, これは、パーティション・メンテナンス後に索引を再構築する必要がなくなり、索引の更新中でも影響を受けないパーティションに索引アクセスできますが、パーティションのメンテナンス時間は増えてしまいます。そのため、この時間は、索引の自動更新を行わずにメンテナンスして、すべての索引を再構築した場合の時間と比較する必要があります。一般的には、パーティションのサイズがテーブルのサイズの5%未満であれば、索引の自動更新を行った方が処理時間は短くなります。ただし、索引の再構築には、索引の利用効率が向上するという効果があるので、このようなことも含めて検討する必要があります。 それから、索引付けプロパティの変更は、ALTER TABLE文のMODIFY PARTITIONを使用することで可能です。以下の例は、パーティション'p99'の索引付けプロパティを'OFF'から'ON'に変更しています。このとき索引も更新されるので、再構築する必要はありません(ローカル索引とグローバル索引のどちらも対象パーティションだけが更新されます)。, 索引付けプロパティを'OFF'にする場合には、ローカル索引はUNUSABLEになりますが、グローバル索引は非同期メンテナンスが動作するので、メタデータだけが更新されます(以下のように列'ORPHANED_ENTRIES'が'YES'になります)。そのため、グローバル索引を使用しても問題ないようになっています。, これによって、グローバル索引でもパーティションごとに索引が使用できるので、よりグローバル索引が利用しやすくなっています。例えば、バッチ処理で大量に更新されるパーティションは、グローバル索引も含めて索引を使用しないことで、索引をメンテナンスしないようにできます。また、ローカル索引が影響しない操作(EXCHANGE PARTITIONなど)は、索引作成時にローカル索引はINDEXING FULL、グローバル索引はINDEXING PARTIALにするような使い方も可能です。, 2. - CYBER SECURITY)による"Prevent a weak cloud security posture with Maximum PARTITION p03 VALUES LESS THAN (300), PARTITION p01 VALUES LESS THAN (100), alter index rebuild [partition](クリーンアップではなく再構築を行う) alter index [partition] coalesce cleanup(親がない索引ブロックをクリーンアップする) ただし、alter index文(2番目と3番目)は、クリーンアップが必要な索引を調べる必要があります。 インデックスの再構築 (alter index rebuild) と再構成 (alter index reorganize) のどちらを行うかを決定する際の目安として、sys.dm_db_index_physical_stats の avg_fragmentation_in_percent の値を用いる方法があります。 SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿, SQL Server のインデックスの再構築を定期的に実行する方法としてメンテナンスプランを使用てインデックスメンテナンスをする方法があります。, メンテナンスプランでは細かい制御ができない (と思っているのですが) 状況によっては T-SQL で対応する必要が出てきます。, 今回の投稿では、データベース内の全ユーザーテーブルに対してインデックスの再構築をする SQL をまとめてみたいと思います。, USE [TEST] GO DECLARE @TableName sysname, @IndexName sysname DECLARE @basesql nvarchar(max), @sql nvarchar(max) DECLARE @Edition nvarchar(max), SET @Edition = CONVERT(nvarchar, SERVERPROPERTY(‘Edition’)), SET @basesql = ‘ALTER INDEX @1 On @2 REBUILD @3’, IF PATINDEX(‘%Enterprise%’, @Edition) > 0 BEGIN     SET @basesql = REPLACE(@basesql, ‘@3’, ‘WITH (ONLINE=ON)’) END ELSE     SET @basesql = REPLACE(@basesql, ‘@3’, ”), DECLARE IXC CURSOR FOR SELECT     OBJECT_NAME(object_id) AS TableName     , name AS IndexName FROM     sys.indexes WHERE     OBJECT_SCHEMA_NAME (object_id) <> ‘sys’     AND     index_id > 0 ORDER BY 1, FETCH NEXT FROM IXC INTO @TableName, @IndexName, WHILE @@FETCH_STATUS = 0 BEGIN     PRINT @TableName + ‘:’ + @IndexName, SET @sql = REPLACE(@basesql, ‘@1’, @IndexName)     SET @sql = REPLACE(@sql, ‘@2’, @TableName)         EXECUTE (@sql), FETCH NEXT FROM IXC     INTO @TableName, @IndexName    END, SQL Server ではエディションによって、使用できる機能に差がありますので、エディションを判断してオプションを書き換えるようにしています。 # Standard Edition での動作確認ができていないのですが…。, T-SQL で動的な文字列を生成してインデックスの再構築を行っていますので、柔軟に設定を変更することが可能です。, この手の保守用のスクリプトは一度作成すると使いまわしができますのでいろいろとストックしておくと便利ですね。, SQL Server の技術支援、現状調査、チューニング等をメインにしていますが、本ブログで情報発信している内容に関することでしたら対応できます。お仕事のご相談がありましたら, 2011年7月にMicrosoft MVP for SQL Server を受賞させていただきました。, Microsoft MVP for Data Platform (July 2011 – June 2021), 本ブログの内容は個人的に検証したものとなり、検証結果を含め記載している内容を保証するものではありません。 神谷 雅紀 Escalation Engineer. Oracle University の無償オンラインセミナーに参加しませんか。11月は限定で ORACLE MASTER 今年最初の内容は、第22回の続きとしてパーティションについて説明します。パーティションは、大規模なテーブルの性能向上に有効な機能ですが、グローバル索引の使用やメンテナンスに難しい部分もあり、バッチ処理などの性能が問題になる場合があります。そこで、これまで説明していなかったグローバル索引やパーティションのメンテナンスについて、Oracle Database 12c(Oracle12c)の新機能を含めて説明しますので、参考にしてください。, まずは、グローバル索引について説明しましょう。 Oracle University 無償オンラインセミナー(11月) パーティション・メンテナンスのOracle Database 12cの新機能, 次に、パーティションのメンテナンスでOracle12cから拡張された便利な機能について説明しましょう。

ほうれん草 色素 クロマトグラフィー 考察 30, 幼稚園 夏休み 連絡 帳 28, Sp 再放送 2020 岡田 22, Nszn Z68t 後 席 モニター 15, Youtube 画面録画 できない 12, すき家 従食 うなぎ 5, ディズニーランド 行きたい コロナ 4, 日本嫌い 2ch まとめ 16, Boss 4話 Pandora 8,